合う方法を選択できる

鏡を見る人

まずは訪れてみよう

ほくろを取りたいという人は、美容外科を訪れてみましょう。ただし、美容外科によってほくろの治療を得意としているかは分かりません。実績や評判を調べてから訪れることをお勧めします。また、美容外科では各人に合った治療法を提案してくれるので安心です。というのも、ほくろの状態は人によって異なるからです。施術の前に多少の時間をかけて検査を受けたり、カウンセリングを受けたりします。その結果から適切な施術法を提案してもらうというわけです。この流れが一般的なものとなっています。もちろん、提案された治療法に当人が納得できなかったり、費用が高くて受けられなかったりするのなら、別の方法も提案してもらうことができます。無理強いをすることはありません。患者さんが納得した上で施術を受けることになっています。もし、最初に訪れた美容外科で提案される方法に納得できなかったとしたら、セカンドオピニオンを考えることも可能です。カウンセリングの段階なら別の美容外科に変えることはできます。安全で安心して施術を受けられる美容外科を選択しましょう。それから、一般的にはレーザー照射による施術が行われます。これはできるだけ患者に負担をかけないようにするためです。ただし、一度の照射ですぐにほくろがなくなるわけではありません。照射時間は数分と決まっており、頻繁に照射することは肌へのダメージとなってしまうので、期間を置く必要があります。よって、完全にほくろがなくなるまでは多少の治療期間がかかると考えておきましょう。その期間は人によって異なります。もちろん、ほくろの大きさや根の深さなどの状態によっても異なってくるので、一概にいつまでかかるとは言えません。ただし、最初のカウンセリングである程度の予測はできます。長い治療となるかもしれないことから、施術を受ける前にどのくらいの期間がかかるのは主治医に聞いておきましょう。それから、治療に通う頻度は患者の都合に合わせることも可能です。仕事をしている人は仕事に支障が出ないように、タイミングを考えて通うことができます。